無料相談予約ダイヤル(通話無料)(予約受付時間 9:00~18:00)0I20-753-793

メールはこちらから

司法書士の相続アシスト

よくあるご質問

遺言について

質問1 遺言は何のために書くのですか?

自分の財産を誰に引き継いでほしいのかという想いを明確にすることで
1 相続人間の紛争を防ぐ
2 お亡くなり後の諸手続きを簡単にする
ことが大きな目的といえます。

例えば
遺言を書かないままお父様がお亡くなりになった場合、残された相続人の間
で「誰が何をどれだけもらうのか」という話合いをする必要があります(この話合いを遺産分割協議といいます)
この遺産分割協議の場で利害関係が生じたり、感情がもつれることにより争いが起こることが多いのです。
また多くの相続財産の手続きはこの遺産分割協議が成立しないと進まないようになっているので
結果として相続人が損をする可能性もあります。

また遺産分割協議は相続人全員の同意が要件になりますので、紛争性がなくても銀行や不動産の名義変更の手続きの場面
で相続人代表者が多くの書面に相続人全員の署名・捺印をもらう必要が生じ手続きが煩雑になります。

そうならないために遺言でお父様自身が
「誰に何をどれだけあげるのか」を明確にすることで遺産分割協議を省略することができ、
さらに遺言執行者を選んでおくことで手続きを簡単に進めることができるのです

家族信託について