無料相談予約ダイヤル(通話無料)(予約受付時間 9:00~18:00)0I20-753-793

メールはこちらから

司法書士の相続アシスト

よくあるご質問

家族信託について

12 金融機関で見かける「遺言信託」と家族信託は何が違うのですか?

金融機関でよく見かける金融商品としての「遺言信託」は実は法律上の「信託」ではありません。

家族信託などの法律上の信託は
主に元々財産を持っている人(委託者)と財産を預かる人(受託者)が「信託契約」をすることに
より始まります。

これに対し遺言信託には家族信託のような「信託契約」というものが存在せず、
財産を現に持っている人が自分亡きあとの財産の行く先を遺言で定め、その遺言執行者に銀行などの金融機関
を指定する。そしてその遺言を金融機関が預かり、ご本人亡きあとはその遺言執行者として手続きをするという性質のものです。

言わば遺言信託とは「遺言執行」と「遺言預かり」というサービスの総称であり、法律上の信託とは全く別ものなのです。

家族信託について