無料相談予約ダイヤル(通話無料)(予約受付時間 9:00~18:00)0I20-753-793

メールはこちらから

司法書士の相続アシスト

よくあるご質問

家族信託について

26 損益通算の禁止とは?

家族信託による税務上のデメリットです。

例えば 父親がAアパートとBアパートを持っていて、A不動産のみを長男に信託したとします。同じ年にAアパートは年間300万円の黒字、Bアパートは修繕等を実施して300万円の赤字がでたとします。この場合にAアパートの300万円の黒字とBアパートの300万円の赤字を相殺することができなくなります。

これが損益通算の禁止です。

信託せずに父親がA、B両アパートを持っていた場合や、A,B両アパートを長男に信託した場合は黒字と赤字を相殺できるので、その年は利益が出てないことになり税額を抑えることができます。しかし冒頭のケースですと相殺できないので単純にAアパートの黒字分に対する税金が発生することになってしまいます。

このような事態を避けるために収益物件は極力まとめて信託したり、大規模な修繕が予定されている場合は信託する時期を工夫するなどの対処が必要です。

しかし、税額を抑えることよりも認知症対策や相続対策の方が大事なケースも多いと思いますので、どのような対応をするかは慎重に考えましょう。

家族信託の目的を見失わないことが最も大事ですね。

家族信託について